2013/07/04

iBasso Audio D zero-SE

以前から興味があったポータブルヘッドホンアンプを購入。

いま使ってるAT-PHA30i BKでも、音質に不満がないワケではないけど欲ってのは尽きないものでして orz
そんなワケでiBasso Audio D zero-SEを開封から、参考になるかわからないインプレを書いてみようかと。



パッケージ




取り出す




蓋を開けると本体と対面




本体の下にはケーブルが収納




付属ケーブルは以下3点
●USB A-USB ミニB
●USBマイクロB-USB ミニB
●3.5mmステレオケーブル




新リスニング環境①
iPhone3G→D zero-SE→ATH-CKS90




新リスニング環境②
XPERIA Z→D zero-SE→ATH-CKS90

USB AudioをサポートするAndroid端末からのデジタル接続が可能なので
USBマイクロB-USB ミニBケーブルを利用することもできたり。

XPERIA Zが積んでるアンプもパワフルなのでそんなに利用する事はないかな。
なんせケーブルの向きがアレだし短いしで使い勝手がよくないので。

では最後に簡単なインプレを。



◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

【デザイン】
ヘアライン加工された本体はチープさを感じさせない仕上がり。
コンパクトさが◎

【音質】
全域、強いて言えば低音、高音を磨き上げてパワフルに出力してくれてるように思う。

【操作性】
至ってシンプルで何も迷うことはないかと。

【機能性】
入力は16bit/48kHzが上限でも自分の耳にはこれでも十分すぎるくらい。

【総評】
音質、大きさ、コスパすべてにおいて満足。
100/100点

0 件のコメント:

コメントを投稿