2013/10/10

アイウェアについて

自転車に乗る時や、普段使うアイウェアについて書いてみる。



デザインに惚れ込んで以来、アイウェアはOAKLEY一択。
このブランド以外を使う事は考えられなくなった。

アイウェアは宗教的なところもあるので勧めもしないしクレームも受け付けない。





とか書くとなんか身構えちゃうけど、独断と偏見で書きたい事を書いていくヽ(´ー`)ノ




フレーム:Split Jacket
レンズ:Black Iridium(Polarized),G30

初めて購入したOAKLEYのアイウェアがこれ。
自転車乗りの使用率が高いJawbone(現Racing Jacket)やRadarもよかったけど、
見た目や掛け心地のバランスがよく、普段使いもしやすいし偏光レンズを使ってみたかったので。

価格は35,000円くらいしたような。
アイウェアに対する価値観が変わったと言っても過言ではない1本。
サングラスが2~3万、これが普通の価格帯に。

フレームの色といい偏光レンズといい普段使いから自転車まで、どんな場面でも使える懐の深さが◎




フレーム:Split Jacket
レンズ:Ice Iridium,Grey

Split Jacketが気に入ったのでもう1本追加。
これでレンズ4種×フレーム2色になり組合せも楽しめるように。

使用頻度が高い組合せは 黒フレーム×Ice Iridiumかな。
バイク用ヘルメットと併用する事も多くて。
これが偏光レンズの場合、シールドを通すと虹色にギラついて逆に見難くなるのだ。

自転車に乗る時は気兼ねなく使ってるけど、普段使いするにはコーディネートが難しいかも。
下手すると目元だけ浮く可能性大。



話は逸れるけど、約3年使ってイヤーソックのゴムが劣化したから先日交換しました。
Split JacketはRacing JacketやRadarのような別売りではなく、預かり修理という謎のシステム。
なぜ販売しないのか・・・この融通の効かなさがアメリカ企業といったところでしょうか。

修理費用は1050円、約1週間で手元に戻ってきました。




フレーム:Flac Jacket
レンズ:Positive Red

レンズ下部がカットされてて頬に当たらずストレスが無いおかげか掛け心地も軽い。
ただ、風を巻き込みやすいから自転車で使う場面は少なめ。主に普段使い用。

鮮やかな赤色の反射光を放つレンズだけど、減光にクセは無くとても見やすい。
レンズもワリと明るいから早朝から夕方まで幅広い時間帯で使う事ができる。
ドライブを楽しむならこれ。




フレーム:CROSSLINK
レンズ:Blue Light Cut

もちろんメガネも。

ソックとノーズパッドがスポーツ向けアイウェアと同じゴム素材で作られてるのでフィット感が最高。
よく使う場面は夜ライド。もちろん普通のメガネとしても使える。

レンズはブルーライトカットで、色味は少し暖色気味に変化。
PC用メガネとして使えば目の疲労具合が軽減されるらしいけど、それほど体感できてなかったり。





結論として、アイウェアは好きなもの選んで利用すればいいんじゃないかと思います。
ただ、自分は自転車用に購入したものに関してはモチベーションにも繋がるし妥協したくないなと。

以上。ではまた。

0 件のコメント:

コメントを投稿